[ ここから本文です ]

Windows Vista®(Internet Explorer9/8/7)でのBizSTATIONご利用について

  • Windows Vista®(Internet Explorer9/8/7)でのBizSTATIONのご利用にあたっては、以下の点にご留意ください。
    • ※Firefoxをご利用の場合、事前にこちらをご確認ください。
  • Vista 64bit版OS/ブラウザでは、ご利用いただけません。
  • いずれの事象に関しましてもWindows Vista®(Internet Explore9/8/7)により追加された機能の影響によるもの(※1)や、Windows Vista®(Internet Explore9/8/7)の不具合です。BizSTATIONをご利用される場合の対応方法につきましては、該当の事象名を押していただき詳細をご参照ください。
    また、エラー画面が表示された際には、意図しない取引が成立していないかご確認いただくためにお手数ですがブラウザ画面を閉じ、再度ブラウザの起動から行い、ログインの上、取引の成立状況をご確認ください。
    • (※1) 
      Windows8、Windows7、WindowsXPで稼動するInternet Explorerでも同様に発生している事象もあります。

Windows Vista®でBizSTATIONをご利用の場合は必ず以下の作業を行ってください。

(ご注意)
お客さまのご利用PCの製造元・機種・環境等によっては、以下の作業が正しく行えない場合があります。その際は製造元へお問い合わせをお願いいたします。

事象 対応
  • 1. 
    【重要】信頼済みサイトへ登録する必要があります。
    Windows Vista®の仕様により信頼済みサイトへの登録作業を行う必要があります。
操作手順につきましては

新しいウィンドウを開きます。「WindowsVista用事前設定手順書」PDF

をご参照ください。
  • ServicePack未適用のWindows Vista®をご利用のお客さま
    ルート証明書のインストールが必要です。また、ルート証明書をインストールした後にきちんとインストールされているかの確認作業を行ってください。

Windows Vista®(Internet Explorer9/8/7)での事象につきましては以下の通りです。

事象 対応

1. 一部の文字が表示できない
Windows Vista®の標準規格JIS2004で追加された文字を使用するとエラーとなり文字が表示されません。

Windows Vista®の標準規格JIS2004で追加された文字の詳細につきましてはマイクロソフト社の新しいウィンドウを開きます。こちらのページをご参照ください。

2. ブラウザの一部のツールバーが表示される。
一部のツールバーが表示されます。

ブラウザのボタンなどでの操作は行わず、BizSTATIONの操作画面上のボタン、リンクで操作をおこなってください。

3. ブラウザのタブが表示される。
Internet Explorer9/8/7の設定を変更しているとタブ画面で表示されます。

インターネットオプションのタブの設定で「常に新しいウィンドウでポップアップを開く」に設定を変更してください。

4. CSV/テキスト形式のファイルダウンロードができない場合がある。
Internet Explorer8/7が初期設定のままだと、ダウンロードブロック機能により、ダウンロードができない場合があります(WindowsXP SP3で稼動するInternet Explorer8/7/6(SP3)でも同様の事象が発生しております)。

インターネットオプションの「ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示」を”有効”に設定を変更してください。

5. 一部の画面で「閉じる」ボタンが無効になる場合がある。
ブラウザの不具合により、一部の画面で「閉じる」ボタン操作ができない場合があります。

「閉じる」ボタンが押せない画面の場合、画面右上の「×」ボタンを押して画面を閉じてください。

6. 一部の画面で文字化けが発生する場合がある。
ブラウザの不具合により、一部の画面で文字化けが発生する場合があります。

該当画面上を右クリックし文字コードの再設定を実施してください。

7. 一部の画面で空白ページが表示される場合がある。
ブラウザの不具合により、一部の画面で空白ページが表示される場合があります。なお、マイクロソフト社より空白ページが表示される事象に関する掲載があります。詳細は新しいウィンドウを開きます。こちらのページをご参照ください。

該当画面上を右クリックし文字コードの再設定を実施してください。

8. パスワード入力時の●が大きく表示される。
ブラウザの仕様により、パスワード入力時の●が大きく表示されます。

入力間違えのないよう十分にご注意ください。(パスワード入力を複数回誤るとロックが掛かります)

9. 【FOREXサービスをご利用のお客さま】
貼り付け入力画面ご利用時に、データの貼り付けができない場合や、ダイアログが表示される場合がある。

ブラウザでのセキュリティ設定によって、貼り付けることができない場合や、ダイアログ表示される場合があります。

インターネットオプションの「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を、”有効”または、”ダイアログを表示する”に設定を変更してください。

10. ファイルのパス情報が取得できない場合がある。
ブラウザの設定を変更していると、ファイルの取り込みができない場合があります。

インターネットオプションの「サーバーにファイルをアップロードするときにローカル ディレクトリのパスを含める」が”有効にする”に設定されているかご確認ください。(ご利用いただいている全ての方に、同様の設定が必要となります)
  • ※本作業につきましてはシステム管理者にご確認の上、実施してください。

Windows Vista®でPDF閲覧ソフト、Java(FOREXサービスのみ)、各種ツールをご利用の場合は以下をご参照ください。

ご利用のソフト、各種ツール等 対応
  • 1. 
    【Adobe Readerをご利用のお客さま】
    Windows Vistaに対応したAdobe Readerは、アドビシステムズ社のサポートが終了しているため、BizSTATION上で動作した場合であっても保証いたしかねます。
BizSTATIONを安定してご利用いただくため、アドビシステムズ社がサポートしているPDF閲覧ソフトに対応したOSへの移行をお勧めします。
  • 2. 
    【FOREXサービスをご利用のお客さま】
    Windows Vista®に対応されているOracle Java Runtime Environment(JRE) が必要になります。
Windows Vista®でご利用いただく際には、Oracle Corporationから提供されている、Oracle Java Runtime Environment(JRE)のインストールを行ってください。ダウンロードはこちらのページをご参照ください。
  • 3. 
    【BizSTATIONサポートツールをご利用のお客さま】
    Windows Vista®に対応されている総給振サポートツールのマニュアルが必要になります。
Windows Vista®でご利用いただく際には、専用の、マニュアルをヘルプよりダウンロードしてください。(ソフトウェアについては掲載されているものをご利用ください)
  • Internet Explorer8からInternet Explorer7へ戻す場合は新しいウィンドウを開きます。こちらをご参照ください。

Windows Vista®(Internet Explorer9/8/7)での事象(詳細)

  • ※以下の画面デザインは予告なく変更する場合があります。

1. 一部の文字が表示されない

<事象>

  • Windows Vista®の標準規格JIS2004で追加された文字を使用するとエラーとなり文字が表示されません。

<対応>

  • Windows Vista®での標準規格JIS2004で追加された文字の詳細につきましてはマイクロソフト社の新しいウィンドウを開きます。こちらのページをご参照ください。

このページの先頭へ

2. ブラウザの一部のツールバーが表示される。

<事象>

  • 一部のツールバーが表示されます。

<対応>

  • ブラウザのボタンなどでの操作は行わず、BizSTATIONの操作画面上のボタン、リンクで操作をおこなってください。

このページの先頭へ

3. ブラウザのタブが表示される

<事象>

  • Internet Explorer9/8/7の設定を変更しているとタブ画面で表示されます。

<対応>

  • インターネットオプションのタブの設定で「常に新しいウィンドウでポップアップを開く」に設定を変更してください。
  • 1. 
    「ツール(O)」−「インターネットオプション(O)」の順に押す。
  • 2. 
    [全般]タブが表示されるので、タブの「設定(T)」を押す。
  • 3. 
    「ポップアップの発生時:」を「常に新しいウィンドウでポップアップを開く(W)」を選択し「OK」を押す。

このページの先頭へ

4. CSV/テキスト形式のファイルダウンロードができない場合がある。

<事象>

  • Internet Explorer8/7が初期設定のままだと、ダウンロードブロック機能により、ダウンロードができない場合があります。
    (Windows7で稼動するInternet Explorer8や、WindowsXP SP3で稼動するInternet Explorer8/7/6(SP3)でも同様の事象が発生しております)

<対応>

  • インターネットオプションの「ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示」を”有効”に設定を変更してください。
  • 1. 
    Internet Explorer8/7の[ツール]−[インターネットオプション]を押す
  • 2. 
    [セキュリティ]タブ−[レベルのカスタマイズ]の順に押す
  • 3. 
    「ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示」を「有効にする」に変更し[OK]を押す
  • 4. 
    [はい]を押す

このページの先頭へ

5. 一部の画面で「閉じる」ボタンが無効になる場合がある。

<事象>

  • ブラウザの不具合により、一部の画面で「閉じる」ボタン操作ができない場合があります。

<対応>

  • 「閉じる」ボタンが押せない画面の場合、画面右上の「×」ボタンを押して画面を閉じてください。

このページの先頭へ

6. 一部の画面で文字化けが発生する場合がある。

<事象>

  • ブラウザの不具合により、一部の画面で文字化けが発生する場合があります。

<対応>

  • 該当画面上を右クリックし文字コードの再設定を実施してください。
  • 1. 
    画面余白部分で右クリック−「エンコード(E)」−「自動選択」の順に押す。

このページの先頭へ

7. 一部の画面で空白ページが表示される場合がある。

<事象>

  • ブラウザの不具合により、一部の画面で空白ページが表示される場合があります。

<対応>

  • 該当画面上を右クリックし文字コードの再設定を実施してください。
  • 1. 
    画面余白部分で右クリック−「エンコード(E)」−「自動選択」の順に押す。

このページの先頭へ

8. パスワード入力時の●が大きく表示される。

<事象>

  • ブラウザの仕様により、パスワード入力時の●が大きく表示されます。

<対応>

  • 入力間違えのないよう十分にご注意ください。(パスワード入力を複数回誤るとロックが掛かります)

このページの先頭へ

9. 【FOREXサービスをご利用のお客さま】貼り付け入力画面ご利用時に、データの貼り付けができない場合や、ダイアログが表示される場合がある。

<事象>

  • ブラウザでのセキュリティ設定によって、データの貼り付けができない場合や、ダイアログが表示される場合があります。

    (貼り付けできない場合)

    (ダイアログ表示の場合)

<対応>

  • インターネットオプションの「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を、”有効”または、”ダイアログを表示する”に設定を変更してください。
  • 1. 
    Internet Explorer8/7の[ツール]−[インターネットオプション]を押す。
  • 2. 
    [セキュリティ]タブ−[レベルのカスタマイズ]の順に押す。
  • 3. 
    「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を”有効”または、”ダイアログを表示する”に設定し[OK]を押す。
  • 4. 
    [はい]を押す。
  • ※”ダイアログを表示する”の設定の場合、貼り付け入力画面ご利用時に、ダイアログが表示されます。
    その場合は「アクセスを許可する(A)」をクリックすることで、データを貼り付けることもできます。
  • 重要: 
    アクセス許可する際には、FOREXサービスでの貼り付け入力画面かをご確認の上、実施してください。

このページの先頭へ

10. ファイルのパス情報が取得できない場合がある。

<事象>

  • ブラウザの設定を変更していると、ファイルの取り込みができない場合があります。

<対応>

  • インターネットオプションの「サーバーにファイルをアップロードするときにローカル ディレクトリのパスを含める」を”有効にする”に設定を変更してください。(ご利用いただいている全ての方に、同様の設定が必要となります)
    • ※本作業につきましてはシステム管理者にご確認の上、実施してください。
  • 1. 
    Internet Explorer8/7の[ツール]−[インターネットオプション]を押す
  • 2. 
    [セキュリティ]タブ−信頼済みサイト−[レベルのカスタマイズ]の順に押す
  • 3. 
    「サーバーにファイルをアップロードするときにローカル ディレクトリのパスを含める」を「有効にする」に変更し[OK]を押す
    • ※本作業につきましてはシステム管理者にご確認の上、実施してください。
  • 4. 
    [はい]を押す

このページの先頭へ